FC2ブログ

Photo Gallery

ダンスホール のコピー


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

ご訪問ありがとうございます。m(_ _)m



Part5、昨日からの続きです、、、


時〜〜1972年、昭和47年春 、ダンパ当日
所〜〜大都会東京、ダンパ会場
〈ダンパとは学生達のダンスパーティーの略》



ーーーーーーーーーーー



ダンスパーティー会場に入ると、

ビッグバンドの迫力あふれる演奏が、
ホールの中に響き渡り、

フロアでは、すでにたくさんの着飾った男女が、
ダンスを踊っていました。




初めて聞くビッグバンドの生演奏と、
場内にただよう、女の子たちの香水の甘い匂いに、

今まで知らなかった甘美な世界に、
足を踏み入れたような気分になっていました。


「わー、すげー。女がいっぱいじゃん!」

Nは、もうよだれをたらさんばかり。



「じゃあ、女の子に声かけにいくかー。」


やる気満々のNの後について、壁際にずらっと並んでいる
女の子たちのほうに歩いて行きました。




早速、Nが、4,5人でおしゃべりしているグループの中の、
一人の女の子に声をかけにいったのですが、

二言三言、言葉をかわしただけで、
頭を掻きながら戻ってきました。

「私踊れませんから だってさ。
じゃあ、何しに来てんだよ、なあ!」

声かけ練習でやったのと、同じパターンで、
ていよく断られ、

Nは、なんか納得できないという顔をしてましたが、

そういう時は、セオリーどおり、
次に行くということで、、、


今度は、私が声をかけることに。


薄暗いホールに、ミラーライトの光が交錯し、
その中で見る女の子たちは、
みんな可愛く見えるんですよね。


ちょうどすぐそばに、壁にもたれてうつむいている
女の子がいたので、

ドキドキしながらその子に


「あのォ、踊っていただけませんか?」

と声を掛けました。


考えてみたら、

知らない女の子に声をかけるなんて、初めてだったんで



自分でもコチコチになっているのがよくわかるくらい
緊張してました。😅



「えっ。」

その女の子は、驚いたように顔を上げて、



「あっ、はい。お願いします。」


とぎこちなく言って、はにかんだので、




女の子のほうだって、硬くなってるんだな

と、思って、少し安心しました。




いざフロアに立つと、生まれて初めて、こんなに近くで

女の子と向かい合った気がしました。



そういえば、中学生のときに踊ったフォークダンスでは、

出来るだけパートナーと離れて、

指先だけが、やっと触れているという手のつなぎ方をして、

踊っていたような、、、

あの頃は、女の子に近づくこと自体が、
恥ずかしくて恥ずかしくて、、、

本当は、近づきたかったんだですけどネ・・・


それにしても、当時の学校教育で、
どうしてフォークダンスなんて
中途半端なことをやってたんでしょうね。

男子は、丸坊主、女子は、おカッパみたいな髪型を
させられて、

異性に興味を持つのは御法度みたいな
校則を並べておいて、

一方で、年に一度、
体育祭で、手を握ったり肩組んだりさせて、

中途半端に、思春期の子供を刺激するようなことを
するんですからねー。

一体誰の考えだったんですかねー?




さて、

ビッグバンドの奏でるワルツの曲が
始まると、皆が一斉に踊り出しました。



「お願いします。」

と互いに挨拶をして、


左手で彼女の右手を握り、彼女の背中に右手をまわすと、


〈ウワッー、エーッ! これって,、、,!〉


つづくーーーーー


「白い一日」



ご訪問ありがとうございます! 
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

日記・雑談(60歳代)ランキングへ

スポンサーサイト



今日の歌は、小椋佳さんの「白い一日」です。

若い頃、この歌を聴いたとき、なんか違和感があって、、、

好きな女の子を、陶磁器のように賞でるなんて感性、
なかったですもん。

でも、好きだけど声もかけられないという
フィーリングはすごくわかるので、
好きな歌の一つです。

「白い一日」




どなた様も いかがお過ごしですか?
3日前の 自分の誕生日の夜に

酔っ払いながらブログを
アップしてから、更新もせず、、、

免停とか停学とかの 言い回しからすると、
さしづめ、"ブロ停"? "停ブロ"? くらってました。

ナサケナヤ〜〜(T_T)

誰からーって、、、もちろん、女房殿から〜〜

女房殿 曰く、
もうあと、1ヶ月足らずで、ライブが来るというのに、

夫婦二人して ブログにドップリ!
(結婚以来、何かと二人揃って、ハマってきました、ハイ!)

先回のライブでは、
アタシャ、安心して 聴いていられなかったよ、、、と!

風邪ひくとか、指痛めるとか、
不測の事態が 起こって、

間際に練習できなくなる事が
あるやも知れず、

楽しみにして、会場まで足を運んで下さる皆様に
シッカリ練習した、弾き語りを聴いて頂かないと!


単なる お楽しみなのですけどね、、、
されど、お楽しみが ますます楽しくなるよう

10月のライブに向けて 今が、練習のしどき!

ブログ、チャチャと 片手間にアップするなんて事が
いつか、来る日を目指して、

初心者、初心忘れず マイペースで がんばりまっす!😺


「 ♪Birthday」に、
ポチ、押してくださった心やさしき ブログご同輩
こころより有難うございます。
お互い、これからも宜しくお願いします。


イチジクが芽吹いてきました。
RIMG0544.jpg





ランキングに参加しています。
励みになります!
ぜひぜひ、押してぇ〜〜!😺
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村


弾き語り ブログランキングへ
今日の歌は、小椋佳さんの「愛燦々」です。

この歌は、美空ひばりさんが歌って大ヒットしましたが、
歌う人によって、違う雰囲気の歌になりますね。

「愛燦々」


♪親父のためとは 言いながら〜〜
人の嫌がる 学生寮 に〜〜
連れて来られた 悲しさよ〜〜
かわいあの娘と 泣き別れ〜〜♪

(可愛いスーちゃんの替え歌です)


昭和47年の春、桜吹雪きの舞い始める頃、
三重県の田舎町から、大志を抱いて
花の東京へ出てきた私は、
父の仕事関係で、

別名、知る人ぞ知る、その名も、
"花の学生寮"に、入寮しました。


寮は都心とは言えずとも、
花のお江戸での学生生活!

まだまだ、10代の新寮生、私だけではなく、
ほとんどの者が 不安を抱えつつも、

親元を離れ、
都会で 若い羽を伸ばそうと、
ワクワクしながら、
その学生寮の門をくぐったに違いありません。




入寮手続きを済ませ、
2人部屋の同室の3年生のM先輩に挨拶をし、
荷物を片付け、
寮の食堂での初めての夕食をとり、
銭湯ほどの大きさの風呂に入り、

何から何まで、初めて尽くし。

大いなる興奮と疲れの中、
その日は早めに寝床にもぐりこみました。


「起床ーッ!」


突然、耳元で、誰かが怒鳴る声に、

何が起こったのか、
頭も身体も全く理解不能のまま、

ビックリして目を覚ますと、

顔の目の前に 見知らぬ学生の顔。

「娯楽室へ集合!」

とだけ言いおき、部屋を出て行ったのです。


時計を見ると、夜中の午前2時。

訳が分からず、ぼーっとしている私に、

同室のM先輩の

「おい、着替えて早く行ったほうがいいぞ。」

という言葉。

兎にも角にも、慌てて服に着替え、
娯楽室に行ってみると、
既に何人かの、新寮生らしい学生たちが、

「一体なんなんだよ?」というような、

私と全く同じ表情を見せたまま、
その部屋の中に集まっていました。


さて、その後、そこで何が起こったのか???



花の学生寮、入寮 初夜に、

かくして、
私の甘い夢は、見事に打ち砕かれたのでした。



続く、、、





RIMG0432.jpg



ランキングに参加しています。
励みになります。
是非!是非!押して〜〜!😊
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村


弾き語り ブログランキングへ
これが、昨日、8月9日に書いた記事なのですが、
公開されなくて、すったもんだしました、

ところが、今日書いた「またまた問題発生」という記事は、
すぐ公開されたので、「新しく記事を書く」欄に、
昨日の記事と同じ記事を作って、「記事を保存」したいと
思います。

多分、これで大丈夫なはず、、、公開されると思います。


**********************************


今日は、小椋佳さんの「さらば青春」です。


「さらば青春」




初めて、ラジオでこの歌を聴いた時、
はっきり言って、歌そのものよりも、
小椋佳さんという、人物の印象がすごく強かった
ことを憶えています。

なんてったって、東大法学部卒ですもん!
しかも、一流銀行の現役銀行マン!

2足の草鞋で、ここまで出来るって人に、
とてもじゃないけれど、太刀打ちできないなと、、、、

こんなこと思ったってことは、あわよくば自分もな〜んて、
考えていたのかなあ?あの頃??

小椋佳さんというシンガーは、それまでの、
フォークシンガーの人たちとは、全く違うエリアから、
全く違う歌をひっさげて、やって来たという感じがしました。

歌詞自体も、どう考えても私の頭の中からは
絶対に出てきそうもない内容で、しかも、
なんだか、わかるようなわからないような、、、、???

やっぱり、東大出は違うなぁ〜と、納得するしか
ありませんでした。😅


去年5月に、北海道をレンタカーで旅した時、
何とも驚いたことに、この歌がはやった当時、スカイラインの
TVコマーシャルで一躍有名になった「ケンとメリーの木」が、
観光地図に載っていました!


今日の歌の写真は、その「ケンとメリーの木」を探しに行った時に、
途中で写した、5月の青々としたビール麦の畑と白樺並木です。



「ケンとメリーの木」、、、、、40年ぶりかなぁ、お互い歳とったねぇ〜
DSCN6728.jpg


よろしければ、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 音楽ブログ 弾き語りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

WHAT'S NEW?