FC2ブログ

Photo Gallery

今日の歌は、かぐや姫の「神田川」です。

ブログ停止命令、発令中なれど、ちょっと書きます!😅

「神田川」





初めての このブログを 訪問してくださった方は、
お時間ある時にでも、

他の 《海外移住への道 》

もご覧下さい。🌈のマークが付いてます。)



当時、未曽有の 就職難と言われた 1977年、
私は大学を卒業して、どうにか東京で職にありつき、

たまたま、営業で伺ったお客さんのオフィスで、
私が行きたいと思っていた国から、

何年かぶりに帰ってきたという 、
そのオフィスの経営者の息子さんに、
出くわしました。

ほぼ同い年の彼の話を聞いているうちに、

小さい頃から、その国に行きたいと思っていた夢が
またムクムクと頭をもたげてきたのです。

それで、家に帰って
早速、女房殿に、

「海外に移住しようか?」 って言ったら、

あっさりと
「うん!いいよ!」って、軽く即決!

(どこに?何しに?行くのか、わかってんのかなぁ〜??)



それから、渡航資金捻出計画を立て、

女房殿も働き出して、、、


❓ の方、いらっしゃると思います。
(奥さん、それまで働いてなかったの〜???)

はい、その通りです。

『結婚したからには、
   亭主たる者、女房一人を
    食わせていけなくて どうする!!』

な〜〜んちゃって、大見栄張って、肩に力、
入りまくっていました。 はい!😅


私の親父が そうだったので、
『結婚したからには、亭主が女房を養う❗️』

そんなもんだと。


なんとも、
たった、4畳半の小さなアパートで、

友人、知人からの、頂き物ばかりの中で
始めた 新婚生活。


大見栄 張ったものの、、、

女房殿の
「アタシャ退屈〜! 暇すぎる〜〜!働きた〜い!」
との言葉に、


即!大見栄 かなぐり捨てて、方針変更!

さて それから、、、


池上商店街のパン屋さんで、

一袋30円で買ったパンの耳をかじり、

スーパーでキャベツの皮をもらい、

魚屋で、うなぎの頭と骨をもらい、

ジャガイモを食べながらの極貧生活!



なれど なれど、月に一度の 一点豪華主義生活!?

(これ、今、目的に向かって、
貧乏生活していらっしゃる方に、
是非、オススメです。

〜〜🎵ボロは着てても 心の 錦〜♪


正に、神田川、赤ちょうちんの 歌を地でいく毎日の
始まりとなりました。


とはいえ、
屋台のおでんは メッチャ 高かったので、

我が家では、 お手頃のお値段だった、
池上商店街の、屋台の焼き鳥 屋さんの
お世話になっていました。



続くーーーーーーーーーーーーーー

DSCN0638.jpg
ランキングに参加しています。
励みになります!
ぜひぜひ、押してぇ〜〜!😺
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ
にほんブログ村


弾き語り ブログランキングへ
スポンサーサイト



DSCN3277.jpg


いやーっ、こんなことってあるんですねー!

お隣に、日本人が引っ越してきたんです!

ここ、日本じゃないんだから、、、



たしかに、日本人は住んではいるんですが、

すぐ隣りに 同じ日本人、、、、

ナーンてことは、ほとんどあり得ません!


そのお隣さんが 引っ越してきて間もなくして、

「ぼく、結婚したんですよー! 
結婚式で、ハマショーやったら、メッチャうけたんですよー!」って

嬉しそうに、言ってたんですが、

私の頭の中では、

「浜(辺)のショーって、どんなショー??」

「漁師さんか、何かのショーなのかな〜?」 って?



ちなみに、うちの女房殿は、

「それって、政治家のハマコーのこと?」

などと、思ったそうで、、、



でも,彼があまりにも嬉しそうなので、

「それ、何??」

な〜んて,聞ける雰囲気でもなく、、、、



翌日、彼が、結婚式の写真を見せてくれたら、

頭に、バンダナ巻いてサングラスをした彼が、
花嫁さんと一緒に、写っている姿が、、、


「これがハマショー?」って聞いたら、

「えーっ! ハマショー知らないんすかっ??」

「浜田省吾ですよー! ぼく、大好きなんっすよ!」


(浜田省吾さんが、活躍されていた頃は、
 すでに日本を離れていたので、ぜんぜん知らなくて、、、😅)


その日は、お隣で、ハマショーのビデオを延々と見せてもらい、

こっちも、すっかり、浜省に、ハマってしまいました。


 あとで わかったんですが、な、なんと 私と同い年!

 若〜い! カッコい〜い! 決まってる〜!


というわけで、今日の歌は、浜田省吾さんの

「もう一つの土曜日」です。

音楽仲間 の、電子ピアノとのコラボです。

イヤー!
いつも 一人で 弾き語りだったので、メッチャ刺激になって 楽しかったです。

「もう一つの土曜日」



ランキングに参加しています。
励みになります!
ぜひぜひ、押してぇ〜〜!😺
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村


弾き語り ブログランキングへ
今日の写真は、

散歩の途中、いつも挨拶しに、すり寄ってくるアリーちゃん。😽
太っちょです!
RIMG0566.jpg


Part1 より続くーーー


先輩達が引き上げた後、
娯楽室に残された新寮生たちは、


畳の上で、痺れた 足を さすりながら、
それぞれが、もう一度、
少々、お国訛りのある口調で、

普通に、名前だけの簡単な自己紹介をしました。


「なんか、ここ ひでぇーとこみたいだなー」


「軍歌だってよ。 
そんなもん歌ったことネエよ、まいったなー」



「これじゃあ、体育会か応援団の寮みたいじゃん。
おれ、退寮しようかなー」



なーんて、、

さすがに、みんなイヤになってましたが、


それぞれが、いろんな理由でこの寮に入ってきた訳で、
そんな、すぐに退寮など出来るはずもなく、、、

結局、お互い励まし合って、

「とにかくさ、オレたちだけでも団結して
みんなでがんばろうや。」

という話になりました。




ーーーところで、ここらで チョットあの頃の事をーーーー


この時より、遡ること わずか 27年前、
1945年 昭和20年が、終戦の年。



私達の親達は、 まさにその戦争の最中に
青春時代を 送った世代ですから、

私達自体は、戦後生まれではありましたが、

子供の頃から、日常の中で、

戦争の傷跡、名残を目にし、
耳に聞いて、育ってきました。

軍歌だって、聞いたことありました。



でも、、、

東京オリンピックが開かれたのを機に、

《テレビ》

が一気に普及し出し、

白黒から カラーテレビに移り、
一家に一台、茶の間の必需品!となって、

平和な日々、家族団欒、


子供らの好きなものと言えば、

《巨人、大鵬、玉子焼き》
と言われるほど、

野球、大相撲中継は、大人気!


それに、なんといっても、プロレス中継!

金髪ふり乱す悪役 ブラッシーを
空手チョップで やっつける
我らがヒーロー《 力道山》


アメリカの 西部劇、
《ローンレンジャー》
《ララーミー牧場》
《ローハイド》

戦争ドラマ、
《コンバット》

それらを、テレビで見ながら育った私達は、

まさに、

《戦争を知らない 子供たち》

でした。




そういう時代、


ウエスタンも、ロカビリーも、ハワイアンも、

美空ひばりも、三波春夫も、坂本九も、

ザ ピーナッツも、ビートルズも、舟木一夫も、

加山雄三も、グループサウンズも、フォークソングも、、、

いろんな歌が、次々に 町中に溢れていました。





そんな中で、

加山雄三やグループサウンズやフォークソングが、

私達、新寮生の世代の歌でした。



ーーーで、そんな新寮生たちが、軍歌を歌うはめに、、;(°_°) ーーー




翌日から、

(というか、部屋に戻って寝たのが明け方なので、、
実際は、その日なんですが、、、)


部屋の先輩に教わったり、

誰かがどこからか見つけてきた、

「軍歌集」

を見ながら、それぞれが
軍歌を憶え始めたのですが、、、


その夜、またしても、

熟睡しているいる所を、
こずき起こされ、耳元で、

「娯楽室へ集合!」

と、ドスの効いた 地獄からの声!


(ウワッ! ゲッー! 今夜もかよー!!)


慌てて着替えて、 娯楽室にすっ飛んで行くと、

そこには、あきらめ顔の新寮生たちが、
すでに、きちんと並んで正座をしていました。


そこへ、

木刀片手の、I先輩 はじめ、おっかない2年生 数人、

プラス

更に オッカナそうな3年生らしき先輩数人が、

入ってきました。



「今夜は、自己紹介と軍歌を一曲づつやるからな!」


「おい、そっちの 端から 、始め!」


一番端に正座していた、
新寮生の中でも、ちょっと線の細いTが、
立ち上がって、

前夜同様、何度も自己紹介をやり直させられ、

やっと、軍歌を歌い出した途端、


ビッターン!

木刀を畳にたたきつけた、I先輩が、

「声が、小さーい!!」

と、怒鳴った。



「軍歌ってえのは、気合いで歌うんだ、気合いでえー!」

と言うと、

その軍歌の、最初のフレーズを大声で歌ってみせた。



(いや、たしかに気合いの入ったいい声ですよー)

(でもねぇ〜、、、)



まだ、歌詞もうろ覚えの新寮生に、

先輩と同じように歌えるはずもなく、、、、


2年生の先輩からも、3年生の先輩からも
何度も何度も、

「元へー!」の声が掛かり、

そのたびに、最初から歌い直し!


「どこから、声出しとるんじゃぁー!」

「血を吐くくらいの、勢いで歌わんかい!」

と脅かされ、



Tは、必死で大声張り上げすぎて、

もう倒れそうなほどヘロヘロ!



正座している我々は、足が痛くて

気が遠くなりそうなほどヘロヘロ!



立って歌わされるのも地獄。

正座して待つのも地獄。



こうして、新寮生一人一人が、

精魂尽き果てるまで、
大声で、声を枯らして、

軍歌を歌いながら、

学生寮の夜は更けていったのです、、、。



こんな悲惨な歌唱指導が、寮祭までの間、

毎晩のように続くのでした。

トホホ、、、(T_T)



****************************

今日の歌は、坂本九さんの「見上げてごらん夜の星を」です。


「見上げてごらん夜の星を」








ランキングに参加しています。
励みになります!
ぜひぜひ、押してぇ〜〜!😺
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村


弾き語り ブログランキングへ
今日の歌は、中村雅俊さんの「ふれあい」です。



「ふれあい」




もしや、ブログ御同輩の皆様の中で、
お一人でも 例の話の続きを知りたいと
思っていて下さる方が いて下さったら、、、

と、勝手に、心持ち良き方へ 解釈して、
またもや 我が青春時代へと
タイムトラベルして みました!!


🌺嗚呼!花の学生寮 🌺

今回は "歌唱指導 Part 1"

♫ 親父のためとは 言いながら〜〜
人の嫌がる 学生寮 に〜〜
連れて来られた 悲しさよ〜〜
かわいあの娘と 泣き別れ〜〜♪

(可愛いスーちゃんの替え歌です)



時 …1972年 昭和47年 春4月 桜舞い散る頃、
入寮の夜、午前4時過ぎ

所…大東京の片隅 、花の学生寮 、娯楽室!


長〜い、長〜い、正に悪夢のような 、
新寮生全員の自己紹介の練習、
それに引き続く 《新寮生心得》が 、
ようやく終わった時、
木刀片手の I 先輩が言いました。

「もうすぐ この寮では 恒例の新寮生歓迎コンパがある。

お前ら1年生には、その時、一曲づつ軍歌を歌ってもらうから、
各自、軍歌を 一曲づつ、ちゃんと憶えておくように!」



(ハァ? ……軍歌??

♪ここはお国の何百里???……とか??)
 
その時、1年全員の頭の中に、巨大な【?】マークが
浮かんだに違いありません。

I 先輩が更に言うには、

「この寮には、歌謡曲とかは合わねー。
軍歌を知らないやつは、 先輩に教わること!」

「わかったなー!」



我ら 新寮生は、わけのわからないまま、
「はいッ!」
と大声で返事をしました。

これで、解放されると思いきや
なおも、木刀片手の I 先輩から、

街中でもどこでも、寮の先輩に会ったら、
必ず大きな声で挨拶をすること!

くわえタバコで歩かないこと!

トイレの下駄をいつも揃えておくこと!

等々、

細かい注意事項の説明がありました。



そして、またまた

「もし、おまえらの中の誰かが、
このルールを破ったりすると、

おまえら全員の連帯責任だからな!

よーく肝に銘じておくように!」




「はいッ!」



「本日は、これで解散!」



わたしは、心の中でふーっとため息をつきました。

「なんちゅうこっちゃ?!」


東京の大学の合格を知るや、

私の両親は、
父親の仕事関係の子弟のための
この学生寮に入れるように、

『わざわざ』
地元出身の国会議員に口を利いてもらって、
わたしは、この寮に入寮できたのでした。


地元で、親父やらおふくろが、
菓子折り 一つや二つにしろ、
懐ろを 痛めた末に入寮 させてくれた学生寮でした。

既に、1年間の浪人生活で、親には
多大の負担を かけていたので、

何が あっても、退寮な〜んてことは
できません!

「どんな、とんでもない所で あっても
ここで、やってくより他、選択の余地はない!」

というのが、結論でした。



先輩たちが、出て行ったのは
娯楽室の時計の針が
もう5時を過ぎた頃でした。

。。。。あがき丸19歳の春。。。。。

明日に続くーーーーー



こちらは、あがき丸64歳の春!( ^ω^ )
RIMG0535.jpg







ランキングに参加しています。
励みになります!
ぜひぜひ、押してぇ〜〜!😺
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村


弾き語り ブログランキングへ


今日の歌は、小椋佳さんの「白い一日」です。

若い頃、この歌を聴いたとき、なんか違和感があって、、、

好きな女の子を、陶磁器のように賞でるなんて感性、
なかったですもん。

でも、好きだけど声もかけられないという
フィーリングはすごくわかるので、
好きな歌の一つです。

「白い一日」




どなた様も いかがお過ごしですか?
3日前の 自分の誕生日の夜に

酔っ払いながらブログを
アップしてから、更新もせず、、、

免停とか停学とかの 言い回しからすると、
さしづめ、"ブロ停"? "停ブロ"? くらってました。

ナサケナヤ〜〜(T_T)

誰からーって、、、もちろん、女房殿から〜〜

女房殿 曰く、
もうあと、1ヶ月足らずで、ライブが来るというのに、

夫婦二人して ブログにドップリ!
(結婚以来、何かと二人揃って、ハマってきました、ハイ!)

先回のライブでは、
アタシャ、安心して 聴いていられなかったよ、、、と!

風邪ひくとか、指痛めるとか、
不測の事態が 起こって、

間際に練習できなくなる事が
あるやも知れず、

楽しみにして、会場まで足を運んで下さる皆様に
シッカリ練習した、弾き語りを聴いて頂かないと!


単なる お楽しみなのですけどね、、、
されど、お楽しみが ますます楽しくなるよう

10月のライブに向けて 今が、練習のしどき!

ブログ、チャチャと 片手間にアップするなんて事が
いつか、来る日を目指して、

初心者、初心忘れず マイペースで がんばりまっす!😺


「 ♪Birthday」に、
ポチ、押してくださった心やさしき ブログご同輩
こころより有難うございます。
お互い、これからも宜しくお願いします。


イチジクが芽吹いてきました。
RIMG0544.jpg





ランキングに参加しています。
励みになります!
ぜひぜひ、押してぇ〜〜!😺
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村


弾き語り ブログランキングへ
敬老の日の今日,

どなた様も、心穏やかな佳き日を
過ごされた事とお慶び申し上げます。


RIMG0492.jpg

今日は私と同じくブログに スッカリ ハマって、

日々、記事ネタ探しに
五体、五感、総動員して
四苦八苦しながらも、

楽しい毎日を送っていらっしゃる
御同輩の皆様に、

私が今住んでいる国の習慣に則り、

皆様への感謝の気持ちを込めて
歌わせて頂いた 弾き語りを贈ります!


お聴き苦しいところ、
好みじゃないという方も
いらっしゃるかと思いますが

そこは、
このページを開けてしまった、と いう事で
諦めて頂き

尚、
祝日のご祝儀、という事で、、
何卒、何卒、、、、
お耳汚しに、お聴き下さい。


さだまさしさんの「Birthday」という歌です。

色んなことしながら、
ついでに、聴いて頂けたら

敬老の日の

《私の誕生日》を

世界中のいろんなところで、

お祝いして頂けるようで、

すご〜〜く、幸せな気持ちです。


おかげさまにて、
無事に、64歳になることが出来ました!

ありがとうございま〜す!😺🎵




もう、かれこれ、35〜6年前になりますが、
この国に来て、驚いたことのなかのひとつ。

仕事場で、誕生日の人が、
自分で焼いたケーキを持って来て、
それを、職場のみんなに食べてもらう。

ありがとうの気持ちで、
お祝いをしてもらうという
のがありました。

日本で、誕生日というのは、
「祝ってもらうもの」
という意識があった私にとって、

"目から鱗"


本来、誕生日のお祝いというのは
プレゼントでもなく、飲み会、パーティでもなく、

いろんなもの、いろんな人の お陰で
もう一つ年齢を重ねることができた。

「今日まで生きて来れて、ありがとう」
と、まわりのみんなに感謝をする、

自分の喜びを まわりの皆と分かち合う
そういう日なのではないかと。


そこで、私も、訪問してくださる皆様に、
ケーキを、、、’と言いたいのですが、

そうもいかないので、せめてもの感謝のしるしに、

全員の方のポチッを押させていただきます!😊

ただ、
訪問履歴に載る方だけになると思いますが、、、
ありがとうございます。
スミマセン!🙇



とっておきの、祝いの 日本酒でスッカリ、
酔っ払い、アップが 遅れました。


ランキングに参加しています。
励みになります!
ぜひぜひ、押してぇ〜〜!😺
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村


弾き語り ブログランキングへ


今日の歌は、中島みゆきさんの「時代」です。

1975年(昭和50年)の歌ですが、

音楽の教科書に載ったり、
卒業式で、よく歌われたりしましたね〜。🎵


「時代」





昨日の続きです、、、


飽きもせずジムに通っていた女房殿が、

ある日、

「お試し期間2週間タダ!のカードもらったよー!」

と言って、喜々としてと帰ってきました。


(おいおい、本気で俺を殺す気か〜い?)

翌日には、いやがる私を無理矢理ジムへ。


まあ、有酸素運動は、心臓のリハビリに良いというので、

とりあえず、自転車やらボートのマシンなどで、
軽い運動をやることにしたのですが、、、

何やら、他にも面白そうな機械が、
たくさん置いてあるじゃぁ〜ないですか!

行くたびに、それらの機械を、
片っ端から試しながら、遊んでいたら、、、

はまっちゃったんですね〜 (^〜^);

「ベンチプレスマシン!」



「胸筋が鍛えられますよー!」
という説明書きのところに、

まるで、あのドラゴンボールの、
「亀仙人」の胸筋を思わせる写真が!!

「おお! こうなれるのか!」

と、単純に思い込んでしまったのが運のツキ。

お試し期間が終わった途端に、入会手続きして
以来、せっせとジム通い。







ジムに通いはじめた頃は、

30kg挙げるのがやっとだった
その、ベンチプレスマシンも、

継続は、力なりとはよく言ったもんですね〜。

続けていれば、こんな感じでちゃ〜んと

筋肉が鍛えられていくんですね。


59歳 9月 30kg

59歳 1月 70kg

60歳 2月 90kg

60歳 3月 95kg

60歳 9月 100kg

61歳9月 105kg

62歳 9月 110kg

63歳 8月 やっと100kgを1回挙げて
それ以後、苦戦。💦

9月 110kg  タイ記録


     ☆*:.。. ~ \(^o^)/~ .。.:*☆

   🎉 9月 112.5kg 新記録達成! 🎉

     💪 やった! やった〜い!🙌 


今年は、ちょっと無理かな〜と思っていたのですが、
昨日、ベンチプレスマシンで、112・5kgを挙げました!

昨年も、誕生日1週間前に、
前年の記録を5kg上回る110kgを挙げたので、

今年も、ちょうど同じ様なタイミングで記録更新。

ただ、今回は2・5kgだけ上回っただけですが、、、
それでも、記録更新が出来て、よかった,よかった! ∠( ^ o ^ ┐)┐

歳はとっても、鍛え続けていれば、
まだ筋力がついていくことが分かって、

ますますやる気がでます!💪(`・ω・´)



お医者さんと、女房殿には、叱られそうですがね〜(^_^;)



ドラゴンボール、亀仙人のポーズを真似てみたけど、
亀仙人への道はまだ遠く、、、、😅

RIMG0059 2



ランキングに参加しています。
励みになります!
ぜひぜひ、押してぇ〜〜!😺
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村


弾き語り ブログランキングへ
今日の歌は、美輪明宏さんの「ヨイトマケの歌」です。

子供の頃、母がよく歌ってました。



「ヨイトマケの歌」


50歳の頃、心臓麻痺を起こしました。
それもご丁寧に、2回も!!

それから、そ〜っと、そ〜っと生きてきました。
家の階段の上り下りさえ、そ〜っと、そ〜っと、、、

心臓にストレス与えそうなことは 極力 避けて、
遠回りして 生きてきました。

とにかく、とにかく、
あんな、とてつもなく痛い思い、もう二度としたくない!

とにかく 生きていなくっちゃ!
田舎の母より、先に逝っては ならない!

この頃の私にとって、
生きることは、
ただ生き長らえる事だったのかもしれません。


それが、あの日を境に 、、、

ジム通い!



2011年7月、

何やら、この頃、ネットで調べものに夢中だった女房殿の一声!!

「ヤッター!!」

近くのジムの "期間限定 入会金 無料サービス" 発見!

昔っから、我が女房殿は 、
「今だけ 」とか 「期間限定」とかに
すこぶる弱かった、、、

翌日には、さそっく入会手続きして、
下駄箱のスミから、埃まみれの運動靴?のようなもの、
タンス、ひっくり返して 運動着のようなもの、

適当に見繕って、
こどもの お古のジムバッグのようなもの、さげて

元気に
「行ってきま〜す!」


はい、これ女房殿だけです。

私といえば、
楽しげにジムに通う女房殿を横目に見ながら、

俺をジムになんか 誘うなよ!
俺を 殺すなよ〜!

とは 思いつつ、

長年連れ添った女房殿が
別人になったようで、
内心、オタオタ。

(おい、おまえ、俺を おいてかないでくれ〜〜!!)


明日に続く、、、



南半球は春です!
RIMG0495.jpg






ランキングに参加しています。
励みになります!
ぜひぜひ、押してぇ〜〜!😺
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村


弾き語り ブログランキングへ
今日の歌は、さだまさしさんの「案山子」です。

この歌も1977年の歌ですね。
オヤジもオフクロも、きっとこんな思いだったんでしょうね。

自分が親になってから、この歌を聴いたり、
歌ったりする度に、何か胸に迫るものがありました。


「案山子」




昨日に引き続きー



「自分は! xx県立◯◯高校出身!
現在、◯◯大学xx学部1年、xx号室の◯◯◯◯です!
どうぞよろしくお願いしますッ!」

寮の建物の外、
しーんと 静まり返った真夜中の街にまで
届かんばかりの 大声を張り上げ、
時折、襲って来る 空腹感と眠気の中で、

少しでも間違えたり、声が小さかったりすると、
すぐに上級生の誰かから

「元へー!」

の大号令!
そして また始めからやり直し!



2時間あまりの
軍隊式の自己紹介の練習に
我ら新寮生たちの声もすっかり枯れ果てた頃、

本題の?、、、
「新寮生の寮生活における心得」

なるものを、次から次へと教えられました。

挨拶や掃除はもとより、門限厳守、
スリッパやトイレの下駄をそろえること、などなど、
細かく言い渡され、

もし、新寮生の誰かが違反した場合は、

新寮生全員の

《連帯責任!》とする!


だってさ!

げっ!

ここは、昔の軍隊かい〜?



かくして、誰が言ったか!

🌺嗚呼、花の学生寮!

1972年、昭和47年4月、
伝統の 「新寮生 心得」は 無事?
新2年生より新寮生に伝授されたのです。

この 記事を読んで、

(翌日からは グッスリ 眠れたのでしょう??)
な〜んて、思っている あなた。

はい、普通は、そうなんでしょう。


しかしながら、、、

そこは 「花の学生寮!」


木刀片手の2年坊のI先輩達も、上の先輩達が怖かったのか?

いやいや、、、

この時を、心待ちにしていた様な、
そんな 「楽し気感」が あったよなあ?

この夜より、 一体、何夜にわたって、
この新寮生への伝統儀式?が とりおこなわれ

そして、
何が起こったか、、、

またいずれ、聞いてやってください。


海岸を散歩の途中で、出会った可愛い子
RIMG0441.jpg





ランキングに参加しています。
励みになります!
ぜひぜひ、押してぇ〜〜!😺
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

弾き語り ブログランキングへ

DSCN0793.jpg


昨日に続くーーーー

寮生活 初夜 夜中2時、

花の学生寮 娯楽室、蛍光灯の灯りの下、

寝ぼけまなこから、不安 あるいは恐怖のムードへと
変わりつつある 我ら新寮生。



そこへ、4〜5人の上級生らしき、寮生たちが                
入ってきました。

まず最初に、その中の一人、木刀を手にした先輩寮生が、大声で

「全員正座!」


驚いた我々新寮生たちが、

あわてて娯楽室の畳敷きに、
正座をするのを見届けると、

次には、木刀を指し示し、またもや大声で

「そっちの端から、自己紹介!」



一番端に、座っていた新寮生が、立ち上がって、
「えーっと、205号室の◯◯です。どうぞよろしく。」

と言った その途端、


くだんの上級生が、手に持っていた木刀を、
畳にビターンとたたきつけ、言うに!


「何だァ、その自己紹介は?
自己紹介ってのは、こうやってやるんだ!」

力一杯息を吸い込むと!

「自分は! 山口県立◯◯高校出身!

現在、◯◯大学経済学部2年、308号室の◯◯◯◯です!

どうぞよろしくお願いしますッ!」

娯楽室の窓ガラス も 、我ら新寮生も、
ビビるくらいの大声を張り上げて、

「自己紹介」をしたのです!




「うわっ、なんじゃ、こりゃ???」


新寮生の誰もが、 えらい所に入っちゃった!
と思ったに違いありません。



かくして、娯楽室の壁の時計が、
3時を過ぎても、4時を過ぎても、

新寮生一人一人の自己紹介指導
の長〜い夜は 続いていったのでした。


時は1972年 昭和47年 春4月 桜花、舞い散る頃。


続く、、、



ランキングに参加しています。
励みになります。
是非 是非、押して〜!😊
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村


弾き語り ブログランキングへ






WHAT'S NEW?