FC2ブログ

🎸「ぼくの胸でおやすみ」弾き語り♪嗚呼 花の学生寮🌺

 29, 2016 19:52
今日の歌は、かぐや姫の「ぼくの胸でおやすみ」です。


「ぼくの胸でおやすみ」



この歌が出た1973年(昭和48年)に、大都会東京での
学生生活が始まりました。

親のツテで入った、男ばっかりの、むさくるしい寮での生活。

あま〜い夢を描いて、東京に出てきたのに、
寮生活、第一日目で、夢はみごとに粉砕!



♬親父のためとは言いながら 人のいやがる学生寮に

 連れて来られた悲しさよ 可愛いあの子と泣き別れ


 朝は早よから起されて ラジオ体操腕立てと

 イヤな先輩に怒鳴られて 泣く泣く暮らす日の長さ♬




と、こんな替え歌が寮歌にあって、まさにそのとおりの
生活が始まりました。

いや,キツイの何のって!!



一年坊主の私から見たら、先輩たちは皆、
強烈で恐ろしげな個性派ばかり。

でも、まるでオッサンのような先輩たちの中にも、
都会的なかっこいい先輩もいて、

休みになると、かわいい彼女と、
いわゆる「デート」に出かけて行く訳です。


一年坊主は皆、それを羨ましそうに見送って、

「今に見ていろオレだって!」などと
思っていたのかも知れません。


この歌を聴きながら、もうすぐ手の届きそうな所にある
大人の世界に,強烈なあこがれを抱いていたような、、、

そんな記憶があります。😅



それにしても、「花の学生寮」などと、いったい誰が言ったのか、、、、



「光の道」です。
DSCN7392.jpg


ランキングに参加しています。
下のバナーを押していただけると励みになります。
ありがとうございます!😊

にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村
弾き語りオリジナルバナー



弾き語り ブログランキングへ
関連記事

COMMENT 0

WHAT'S NEW?