FC2ブログ

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嗚呼 花の学生寮 /入寮の夜、Part2🌺

 11, 2016 19:18

DSCN0793.jpg


昨日に続くーーーー

寮生活 初夜 夜中2時、

花の学生寮 娯楽室、蛍光灯の灯りの下、

寝ぼけまなこから、不安 あるいは恐怖のムードへと
変わりつつある 我ら新寮生。



そこへ、4〜5人の上級生らしき、寮生たちが                
入ってきました。

まず最初に、その中の一人、木刀を手にした先輩寮生が、大声で

「全員正座!」


驚いた我々新寮生たちが、

あわてて娯楽室の畳敷きに、
正座をするのを見届けると、

次には、木刀を指し示し、またもや大声で

「そっちの端から、自己紹介!」



一番端に、座っていた新寮生が、立ち上がって、
「えーっと、205号室の◯◯です。どうぞよろしく。」

と言った その途端、


くだんの上級生が、手に持っていた木刀を、
畳にビターンとたたきつけ、言うに!


「何だァ、その自己紹介は?
自己紹介ってのは、こうやってやるんだ!」

力一杯息を吸い込むと!

「自分は! 山口県立◯◯高校出身!

現在、◯◯大学経済学部2年、308号室の◯◯◯◯です!

どうぞよろしくお願いしますッ!」

娯楽室の窓ガラス も 、我ら新寮生も、
ビビるくらいの大声を張り上げて、

「自己紹介」をしたのです!




「うわっ、なんじゃ、こりゃ???」


新寮生の誰もが、 えらい所に入っちゃった!
と思ったに違いありません。



かくして、娯楽室の壁の時計が、
3時を過ぎても、4時を過ぎても、

新寮生一人一人の自己紹介指導
の長〜い夜は 続いていったのでした。


時は1972年 昭和47年 春4月 桜花、舞い散る頃。


続く、、、



ランキングに参加しています。
励みになります。
是非 是非、押して〜!😊
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村


弾き語り ブログランキングへ






関連記事

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。