FC2ブログ

🎸嗚呼 花の学生寮/ 歌唱指導 Part1🌺 「ふれあい」弾き語り🌺

 19, 2016 18:28
今日の歌は、中村雅俊さんの「ふれあい」です。



「ふれあい」




もしや、ブログ御同輩の皆様の中で、
お一人でも 例の話の続きを知りたいと
思っていて下さる方が いて下さったら、、、

と、勝手に、心持ち良き方へ 解釈して、
またもや 我が青春時代へと
タイムトラベルして みました!!


🌺嗚呼!花の学生寮 🌺

今回は "歌唱指導 Part 1"

♫ 親父のためとは 言いながら〜〜
人の嫌がる 学生寮 に〜〜
連れて来られた 悲しさよ〜〜
かわいあの娘と 泣き別れ〜〜♪

(可愛いスーちゃんの替え歌です)



時 …1972年 昭和47年 春4月 桜舞い散る頃、
入寮の夜、午前4時過ぎ

所…大東京の片隅 、花の学生寮 、娯楽室!


長〜い、長〜い、正に悪夢のような 、
新寮生全員の自己紹介の練習、
それに引き続く 《新寮生心得》が 、
ようやく終わった時、
木刀片手の I 先輩が言いました。

「もうすぐ この寮では 恒例の新寮生歓迎コンパがある。

お前ら1年生には、その時、一曲づつ軍歌を歌ってもらうから、
各自、軍歌を 一曲づつ、ちゃんと憶えておくように!」



(ハァ? ……軍歌??

♪ここはお国の何百里???……とか??)
 
その時、1年全員の頭の中に、巨大な【?】マークが
浮かんだに違いありません。

I 先輩が更に言うには、

「この寮には、歌謡曲とかは合わねー。
軍歌を知らないやつは、 先輩に教わること!」

「わかったなー!」



我ら 新寮生は、わけのわからないまま、
「はいッ!」
と大声で返事をしました。

これで、解放されると思いきや
なおも、木刀片手の I 先輩から、

街中でもどこでも、寮の先輩に会ったら、
必ず大きな声で挨拶をすること!

くわえタバコで歩かないこと!

トイレの下駄をいつも揃えておくこと!

等々、

細かい注意事項の説明がありました。



そして、またまた

「もし、おまえらの中の誰かが、
このルールを破ったりすると、

おまえら全員の連帯責任だからな!

よーく肝に銘じておくように!」




「はいッ!」



「本日は、これで解散!」



わたしは、心の中でふーっとため息をつきました。

「なんちゅうこっちゃ?!」


東京の大学の合格を知るや、

私の両親は、
父親の仕事関係の子弟のための
この学生寮に入れるように、

『わざわざ』
地元出身の国会議員に口を利いてもらって、
わたしは、この寮に入寮できたのでした。


地元で、親父やらおふくろが、
菓子折り 一つや二つにしろ、
懐ろを 痛めた末に入寮 させてくれた学生寮でした。

既に、1年間の浪人生活で、親には
多大の負担を かけていたので、

何が あっても、退寮な〜んてことは
できません!

「どんな、とんでもない所で あっても
ここで、やってくより他、選択の余地はない!」

というのが、結論でした。



先輩たちが、出て行ったのは
娯楽室の時計の針が
もう5時を過ぎた頃でした。

。。。。あがき丸19歳の春。。。。。

明日に続くーーーーー



こちらは、あがき丸64歳の春!( ^ω^ )
RIMG0535.jpg







ランキングに参加しています。
励みになります!
ぜひぜひ、押してぇ〜〜!😺
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村


弾き語り ブログランキングへ


COMMENT 0

WHAT'S NEW?