FC2ブログ

🎤【流浪の旅/ アカペラ♪】池上の貧乏夫婦、海外移住への道Part6🌈

 05, 2016 08:04

DSC_0557.jpg






Part5からの続きですーーーーーー



一夜明ければ、

女房殿は、

6畳一間で 眠りこけている私と客人たちを
(時に先輩、時に同輩、時に後輩)

アパートから 追い立て、



オンボロアパートの 住人の皆さんの各部屋のドア、
ひとつづつ 叩いて、
前夜の 詫びを しに回っていたそうです。


我がオンボロアパート住人の皆さんは、

お優しかったのか?
それとも、怖がられていたのか?

女房殿の 毎回の詫び入れを、
嫌な顔もせず、聞き入れてくれたということですが??


一階、二階 合わせて 8部屋。

皆さん、一体、どんなお仕事をされていたのか?
全く、不明でした。

お名前ぐらいは お互い、知っていたと思いますが。

どこで どうされているのでしょうね〜?




余話を 書き始めると 話が尽きず、
先にいけそうもないので、
今回は これくらいにして
また、いつか、聞いて下さいね。



さて、お金は貯まりました。


そのお金で、一年オープンのチケットも 買いました。

(あの当時、正規運賃52万円! 

  学生寮で同室だった先輩が 旅行会社に勤めていたので、

   頼みこんで、安いチケット探してもらったのですが、

   それでも、航空券だけで、ひとり36万円なり!)


生まれて初めてパスポートというものも、手にしました。


会社も辞めました。


「この会社におったら、将来もずっと安定しよるのに、
なにが悲しゅうて、わざわざ外国にまで、貧乏しに行くんじゃ!」

と、広島出身の同期に言われました。

それでも会社の同僚たちが、壮行会なるものを開いてくれて、



間近に 敢行される私達の無謀とも言える行動に
刺激されたのか、
それぞれの夢も語ってくれました。

そして ,


「シッポ巻いて 帰ってきたときゃ、俺の会社で使てやる!
俺、会社ぶっ立てて、金持ちの社長になってるから!」

などと、心強い、送別の言葉もいただきました。




あの頃の、あの同僚たち!

一体、どこで、何をしているのやら?。




携帯電話も、PCも無い、
ネットも 、Facebook も、TwitterやLineも、

そんなものは、
な~~んも、ない時代でした。


年賀状、暑中見舞いのハガキが届かなくなった途端に

《音信不通》


何しろ、バリバリのmanual 世代ですもんねー 😅



こんな世代の私ですから、
未だに Facebook やらTwitterやら
どうも 馴染めませんねえ!


はい、かなり 時代遅れ かと。

でも、ブログは大好き!


女房殿と 二人して ハマっています。


案外、このブログを読んでくれている
元同僚がいるかも、、、

Googleで、名前を検索してみたら、
大会社の社長さんになっている人が
いたりして!


いやあ~、楽しいですねえ!

もし何処かで、出会っても
ビジュアルが 全く変わっていて
わからないと思いますが。


私達は、全く経験しなかった、
1980年代、ハチャメチャの
日本バブル経済期や、

それがはじけた後の時代を、
どんな風に過ごしたのでしょうか。


なんとか乗り切って、

還暦後の毎日を、平穏無事に
過ごされている事を祈ります。



さて、荷物もまとめました。

大家さんとの引っ越しの話も、終わりました。


そして、


いよいよ、

出発前に 越えなきゃならない
大きな山を越える時がきました。


続くーーー


今日の歌は、またまたアカペラです。

「流浪の旅」


ランキングに参加しています。
励みになります!
ぜひぜひ、押してぇ〜〜!😺
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ
にほんブログ村


弾き語り ブログランキングへ
関連記事

COMMENT 0

WHAT'S NEW?