FC2ブログ

🎸嗚呼!花の学生寮/ダンパPart1🌺 【テネシーワルツ/弾き語り♪】

 03, 2016 17:15
DSCN5993.jpg



「寮歌」(可愛いスーちゃんの替え歌)



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ



時   1972年 昭和47年 春
所    大都会東京の片隅、とある男子学生寮


(この🌺のマークの付いた過去の記事は、
あがき丸こと、この私が過ごした,
昭和40年代の青春の1ページを、
思い出しながら書いたものです。
お時間ある時にでも お読み頂ければ感涙です。)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


悪夢のような寮祭が終わり、

もう2度と酒など呑めぬという思いも、
喉もと過ぎれば なんとやら、、、




寮祭が終わり、一月ほど経ったある夜、


「娯楽室集合ォーッ!」

の、あの号令が、、、、




まだ、午後9時。

こんな早い時間に娯楽室集合が、かかるのはめずらしい。


(今日はいったいなんの理由でしごかれるんだろう)

胸に不安とともに浮かぶ4文字熟語


連帯責任!



私、当時、哀しき一年坊、
急いで娯楽室へ。



しかし、そこには、、、

3年生のM先輩が、たった一人。



大学で舞踏研究会の主将を勤めるこの先輩は、

どちらかと言えば、穏やか、

今まで1年生のしごきに参加したことはありません。




 (なに?ナニ?何でM先輩が、、、?)

(誰か何かやらかしたのか??)





と、頭の中、❓で一杯にしながらも

「失礼しますッ!」

と、いつものように大声で挨拶して
いつもの通り、正座しようとしたら、


「おお、いいよいいよ正座しなくて。」


と、先輩が 軽〜く、言うではありませんか。


他の1年生も大声で挨拶しながら、
ぞろぞろ娯楽室に入ってきて、

ほどなく、1年生全員が揃いました。



他のオッカナイ先輩たちが現れる様子もないまま、


M先輩の、

「よし、みんな立ったままでいいからそこへ並べ。」

の言葉に、私達一年生は、ビシッと4列に整列。


やっぱ、ビンタでも張られるのかー
と思って歯をくいしばっていると、



M先輩、曰く、

「今日から、おまえ達にダンスを教える!」



とたんに、娯楽室とは名ばかりの、
このしごき部屋の緊張感が薄れ、


一年生の頭の中は、

(エエッ? ダンス⁉️ ⁉️ ナニそれ???)

って感じ!




M先輩、続けて曰く、

「来週の土曜日、ダンパがある。

それで、お前達にぜひ、そのダンパに来てもらいたい。

パーティー券は一人1000円だ。

その為、今日から10日間、特訓をやる。

いいな!」


先輩は、有無を言わせぬ勢いで、一気にまくしたてました。


(ダンパ〜〜??)

一年生のほとんどが、ダンパという言葉を
知らなくて、キョトン?



M先輩が、

「あっ、ダンパっていうのは、 ダンスパーティーのことだ。」

「今度のやつは、都内の大学のダンス連盟が
  主催して開くダンスパーティーだから、

  会場はでかいし、バンドは一流だし、
  女の子はいっぱい来るし、

  お前達ビックリするぜ。」

と、、、、



「ウヘーツ、女と踊るンスカァ!」

♪───O(≧∇≦)O────♪ !!!

*\(^o^)/* 🎵

ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

ーーーーつづくーーーー



というわけで、今日の歌は、ダンスにちなんで「テネシーワルツ」です。

「テネシーワルツ」



ご訪問ありがとうございます! 
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村


弾き語りランキングへ
関連記事

COMMENT 0

WHAT'S NEW?