FC2ブログ

事故!イヤー危なかった!

 13, 2016 17:13

ご訪問ありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


イヤー!危なかったです! ホント!


今日の夕方、いつものように、
女房殿をお迎えに、高速道路を走っていました。

日曜日なので週日より、緩やかな車の流れ。

そこに、車両の両側から
追い抜いて行く6台のオートバイの一団。

彼らの運転が、ずいぶん荒っぽい気がして、

「荒っぽいのう。捲れんなよ。
他の車を巻き添えにするような事、
するなよー。」

と思って、な〜んかイヤな感じがして、
少しスピードを落とし始めた、その直後、


5台ほど前の車が、その中の1台のバイクと接触!

バイクは倒れて、中央分離帯に激突!
後続の車は、一斉に急ブレーキ!

私も、思いっきりブレーキを踏み込みました。



少しスピードを落とし始めていたとはいえ、
時速80キロ以上で走っていたので、
やっとこ、追突を免れたのです!

周りで、急ブレーキの音、音、音。
急なストップから来る、身体への衝撃。

後続の車も、何とか玉突きを起さずに止まりました。

数台の車が、左右の道路脇に止まって、数人が
路上に放り出された怪我人のほうに駆け寄り、

携帯で、警察と救急車の手配をしている人の姿が、
車内にいる私の目に入ってきました。

私の車は、5車線の真ん中のレーンだったので、
止まるわけにもいかず、

たった今、起こった事故の現場を横目に見て、
そのまま、そこを通り抜け、

信じられない様な気持ちのまま、
いつもの時間に遅れる事もなく、
女房殿を迎えに行きました。

帰りに、反対車線から見ると、

分離帯の向こうには、数台の救急車、
パトカーが止まっていて、大渋滞。

私の後続の車では、
あの時、玉突きがあったのかもしれません。

多分、死者は出ていなかったと思うのですが、
一つ間違えば、大事故になるような状況でした。

晴れた日の日曜日の夕方。
いつもの時間に、いつもの道路。

いつもの様に、1日の仕事を終えた
女房殿を助手席に乗せて、
帰路につきました。

何気ない日常が、ほんの一瞬で、
どう、ひっくり返されるかわからないという怖さを、
改めて、感じた事故でした。


本当に、いつなん時、何が起こるかわかりません!



皆様も、どうぞお気をつけ下さい。






ご訪問ありがとうございます! 
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村


日記・雑談(60歳代)ランキングへ







関連記事

COMMENT 0

WHAT'S NEW?