FC2ブログ

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エアーズロック

 14, 2013 01:07
エアーズロックに行ってきた。

オーストラリアは,とてつもなく広い!
どこまで行っても、大地がえんえんと続いている。

2泊3日のキャンピングツアーに参加して、エアーズロックとキングスキャニオンを訪ねたのだが、テントじゃなくてスワッグっていう、寝袋みたいなやつで地べたに直に寝るのには驚いた!

めっちゃきれいな星空を眺めながら寝るので、とても気持ちがいい。
星を見ながら寝るなんて,いままでそんなことあったかなあ・・・

サテライトがいくつか夜空を横切って行ったり、大きな流れ星が見えたりして、
結構楽しいものだ。

夜は3度くらいまで気温が下がるから、ちょっと寒かったけれど面白い経験だった。





今回、ラッキーにもエアーズロックに登ることができた。
夏場は,気温が高すぎて危険なので登るのが禁止になるし、
風が強すぎても登れないらしい。
アボリジニーの人々の聖地でもあるため、今はなるだけ登らせないように
しているようだ。
登り口のところに、「登らないでください」と日本語の看板まで立っている。

今まで、40人くらいが死んでるらしいが、一番の原因が、カメラを落としてしまい,それをつかもうとして、滑り落ちるっていうんだけど、ホントかなあ?。

鎖につかまりながら登っって行ったが、だんだん風が強くなってきて、
帰りが危なそうだったので、頂上まで行くのはあきらめ、
中腹で休んで写真を撮った。

世界一大きな岩の上からの眺めとてもすばらしかった。
180度すべて地平線なんて風景は、ちょっと見ることないから、しばらく
その広大な眺めを楽しんだ。
(てっぺんまで行けば,360度だったんだけど・・・ちょっと残念)

ちなみに、エアーズロックは1個の岩で、地上に出ている部分は、
高さ350mほどだけれど、地下に埋まっている部分は深さが
6kmほどあるらしい。


しばらく休んだ後、また鎖を伝って下まで降り、それから周りを1時間ほど歩いて、かつてアボリジニーの人々が使っていた岩穴とか、岩肌に描いた絵などを
見て回った。



午後は、エアーズロックの近辺のカタカジュという場所に行ったのだが、
そこに行って驚いた。
標識に「風の谷」という名前がついていて、岩山の形が「風の谷のナウシカ」に出てくる死海の潜水艦の残骸そっくりだったから。

その岩山の付近を3時間ほど歩いたが、ナウシカの「風の谷」と同じような風景の場所があったり、
考えてみたら、遠くから見たエアーズロック自体が「オーム」みたいな形だし、
それに、あの辺のカマキリは,羽が4枚あるし、きっと、宮崎駿監督は、
ここに来たことがあって、ここでナウシカのアイデアを得たのだと思った。


翌日は、キングスキャニオンというところに行った。
ここもすごい渓谷で、4時間ほど、まるで火星のような赤い岩の風景の中を
登ったり降りたりしながら歩き回った。

渓谷の、切り立った崖の上にたたずんだ時に、あれっと思った。

どこかで見た景色だと思ったら、ドラマ「世界の中心で愛を叫ぶ」の最後の場面で,主人公が立っていた場所だった。

小説では、エアーズロックの上のはずなのに、きっと登れなかったので
ここで撮影したんだなと思った。

いやー、とにかく今回はよく歩いた。
でも、ジムで鍛えていたからか、ぜんぜんこたえなかった。
やっぱ、人間、身体を鍛えておくことは大事かも。


エアーズロックに、行くのであれば、今の季節がいい。(オーストラリアの冬)

夏場は、死ぬほど暑くて、ハエが真っ黒になるほどたかってくるから。



それから,今回いろいろ珍しいものを食べた。


ラクダのハンバーグ、、、、、ビーフとあまり変わらなかった。

カンガルーのステーキ、、、、、赤身ばっかりだったけどうまかった。

ワニの串焼き、、、、、、見た目はチキン、味は淡白な白身の魚みたいでこれも珍味だった。

1キロ弱のマッドクラブ、、、、、、ニンニクとショウガの中華味でメッチャ
うまかった!

今度行く時は、トカゲでも食ってみるかな〜  (^_^)v
関連記事

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。